踏切がなくなって渋滞も減った!

私の通りのひとつの商店通りには、商店通りを挟んで踏切りがありました。
そのため、鉄道が受かるたびに、その裏道に長い渋滞ができていたのです。
それは単に、朝の渋滞の時は甚だでした。
その商店通りの近くには、学園もたくさんあります。
そのため、学生や朝の通勤ラッシュと重なり、すごい渋滞となっていたのです。

ただし、そこを通り過ぎることが一番の抜け道であったので、学生も通勤をする自分も、そこを利用するようになっていました。

そんな時、そちらの渋滞を緩和するために、踏切をぶち壊すことになりました。
踏切がなくなれば良いと以前から思っていたので、素早くなくなるように願っていました。

そうしてやっと、踏切がなくなったのです。
その商店通りの上を走り回ることになったのでした。
そのため、同時に群衆が緩和されることになったのです。

以前の感じはまるっきり無く、粛々と受かることができます。
そのため、踏切がどんなに邪魔であったのかを、よく知ることができました。
早く現地の到着することができるので、苛苛とすることも消え去り、その点においても、多くの人が助かったと思っているという感じています。
これからは便利になった、その商店通りを手広く利用したいとしている。

ミュゼ香林坊

結婚してから初めて、友達と外食してきました

前の仕事場で同様だったお側という食事へ行きました。
結婚してから、夜にごはんへ行くことが短くなったので、夜に遊べる貴重なあ詰まりだ。
近辺も子持ちや女が多くなって、食事や昼間に巡り合う事が多くなったからです。
こういうお友達のなかで、今もおんなじ仕事場に勤めているのは、一人だけなのですが、何やかや現況を聞いて、盛り上がりました。
あたいが、こういう仕事場を辞めて、約3クラスがたちましたが、話しを聞いていると、変わってないなーと思いました。
全部階級はバラバラなのですが、辞めてからもそうして、定期的に集まったり、仲良くいられるのは、嬉しいです。
あたい以外の子どもは、独身なのですが、結婚したら、夜は難しくなるのかなと思うとさっとさみしい気もします。
婚礼が近そうなので・・嬉しい事ですが。
この子らといったいると明かしが尽きず絶えず何時間も居座ります。
今回は(も?)店が閉店時間になってしまいお開きがチラホラはやかっただ。
お会計を見てびっくりしましたがね。
予想外に高くて。
ハイすぎん?割り出し間違ってない?っていって割り出し出したのには、微笑みました。
増税の煽りですかね。
そうしてたまには夜に出てわいわいできるのが息抜きになるので、また集まろといった話して解散しました。
楽しかっただ。